車通勤に関する知識やお得な情報をまとめていきます。

車通勤の読みもの




カーリース

本当に月々1万円?カーリースはデメリットだらけ?低価格車に乗れるからくりとは?

投稿日:

カーリース デメリット からくり
「新車に乗りたい!でもまとまったお金がないないなぁ・・・」

そう考えた時に、思い浮かぶのがカーリース。

CMやネット広告でもよく紹介されていますね。

それを見ると・・・

「月々1万円〜で新車に乗れる!」という目を引く言葉が!

これは魅力的。

 

ですが・・・

「本当に月々1万円〜でいいの?」と疑問に思うはず。

実は、月々1万円はからくりがあるのです。

この記事では月々1万円のリース料で新車に乗れるからくりと、月々1万円リースに向いている人を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

\維持費を安くする裏ワザ/

※ガソリン代もお得に

 

カーリースを月々1万円で乗れるからくり

月々1万で新車に乗れるカラクリは次の通りです。

注意ポイント

  1. 頭金設定
  2. ボーナス払い
  3. 残価設定

詳しく見ていきましょう。

1.頭金設定

カーリースは契約するときに頭金を設定することが可能です。

頭金を設定する事で、月々の支払いをおさえることができます。

150万円の車を60ヶ月(5年)リースする場合で考えてみましょう。

頭金払いの計算例

150万円 ÷ 60ヶ月 = 25,000円

と、月々約25,000円かかります。

しかし頭金を50万円に設定すると・・・

(150万円 − 50万円) ÷ 60ヶ月 ≒ 16,000円

と、月々1万円代でおさえられます。

メンテナンス費などは別でかかります。

2.ボーナス払い

住宅ローンのようにボーナス払いをする方法があります。

ボーナス払いにすることで、月々の支払いが安くおさえられます。

ボーナス払いの計算例

150万円の車を60ヶ月(5年)リースで年2回ボーナス月5万円設定すると・・・

(150万円 − (5年 × 2回 × 5万円 )) ÷ 60ヶ月 ≒ 16,666円

となり、月々の負担は減らせます。

 

スポンサーリンク

 

3.残価設定

残価とは、数年後の車の下取り価格のことをいいます。

残価設定は、はじめに設定した数年後の車の下取り価格を差し引き、残りの金額を支払う方法です。

残価設定の計算例

5年後の下取り価格を50万円とすると、

(150万円 − 50万円) ÷ 60ヶ月 ≒ 16,666円

と毎月の支払いは16,000円ほど。

月の支出をおさえることもできる上、頭金を用意する必要がありません。

残価設定の場合、はじめに設定した年数が経過したら、車をどうするかを次の3つから選ぶことができます。

  • 車を返却
  • 同一の販売店で新しい車に乗り換え
  • 車を買い取る

お金をかけずに乗り換えできるメリットがあります。

 

\維持費を安くする裏ワザ/

※ガソリン代もお得に

 

月額1万円カーリースのデメリット

からくりで説明したように、カーリースは月額をおさえつつ車に乗れることがメリットです。

月々1万円代で車に乗れるのは魅力的ですが、次のデメリットが潜んでいます。

注意ポイント

  1. まとまったお金が必要となる
  2. 事故や汚れ、改造があった場合残価の保証がされない

詳しくみていきましょう。

1.まとまったお金が必要となる

月々1万円でおさえたい場合、どうしてもまとまったお金が必要です。

また万が一車が壊れて乗れなくなってしまった場合は、中途解約されてしまいます。

その場合は残りのリース料金や残価設定した金額をまとめて支払います。

なので、ある程度まとまったお金を用意しておく必要があります。

2.走行距離や汚れ、改造などがあった場合残価の保証がされない

残価設定をした場合、車に対して次のような制限が出てきます。

  • 走行距離の制限
  • 汚れや傷の制限
  • 改造の制限

カーリースの契約時に10,000キロといった走行距離を設定します。

事前に設定した走行距離を超えた場合は、下取り価格からマイナスされるケースがあります。

またひどすぎる汚れや傷、改造なども下取り価格から大きく値引きされる可能性があります。

つまり、走行距離のオーバー、傷や改造があった場合は残価の保証がされません。

買い取ってもらうつもりでリースしたのに、下取り不可というケースも想定しなくては行けません。

  • ついついドライブがたのしくて長距離を走ってしまった・・・
  • 子供が車内を激しく汚してしまった・・・

という可能性がある場合は注意が必要です。

 

月1万円のカーリースでメリットがある人は

デメリットが目立ちますが、次の条件に人は月1万円のカーリースの選択もありですよ。

ポイント

  1. レンタカーを週1回以上借りている人
  2. 月々の支払いを安定させたい人
  3. 頭金やボーナス払いが用意できる人

限定的な条件がつきまといますが、新車や中古車を購入するよりも、便利に使える方もいることは間違いありません。

\維持費を安くする裏ワザ/

※ガソリン代もお得に

 

スポンサーリンク

 

まとめ

月々1万円で新車に乗れるからくりを紹介しました。

いろいろなで月額費用をおさえる方法があります。

デメリットを良く理解した上で、自分のライフスタイルにあったカーライフを送ってくださいね。

-カーリース
-, ,

Copyright© 車通勤の読みもの , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.