車の悩み

洗車のやりすぎで車が痛む?!効果的な洗車頻度はどれくらい?

洗車 やりすぎ 頻度 効果

あなたは洗車をどれくらいの頻度で行っていますか?

  • 月に一度
  • 汚れている時だけ
  • 週に一度
  • 全く洗車しない

など、洗車頻度は人によって様々です。

中には「洗車が趣味」とばかりに、休みの度に洗車をする人もいますよね。

でも、ベストな洗車頻度がどれくらいかを知っていますか?

今回は、愛車が長持ちする効果的な洗車頻度について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

洗車のやりすぎはダメなの?

「洗車をしすぎると車が早く痛む」とよく聞きますよね。

昔の車は今ほど塗装が良くなく、過度な洗車で塗装が剥げたり薄くなる事が実際にあったのです。

最近の車は塗膜も厚くなり、良いコーティングをかけた車も多いので、そんな事は少なくなりました。

 

しかし、間違った洗車は傷みの原因になります。

洗車による車の傷みの主な原因

  • ボディに細かい擦り傷がつく
  • 雨では入り込まない所に水が入り、サビる
  • カーシャンプーが表面に残り、塗装が傷む
  • 水分の拭き残しで、シミができる

汚れが残ったまま擦って傷つけたり、洗車後の拭き取り不十分などが主な原因です。

洗車する回数が多いと、その分自分で傷つけてしまう可能性も高くなります。

洗い方に気をつければ車の傷みを最小限にできるので、洗車のポイントを押さえておきましょう!

洗車による車の傷みを防ぐポイント

  • 洗う前に、擦らず水洗いして汚れを落とす
  • カーシャンプーをよく泡立ててから洗う
  • シャンプー泡を残さず、綺麗に洗い流す
  • 水分が残らないよう、丁寧に拭き取る

ただし、どんなに丁寧に洗っても、摩擦による小さな傷は避けられないものです。

これは残念ながら、プロが洗車しても同じことです。

 

ベストな洗車頻度とは

洗車による傷が気になるとはいえ、洗車をしないと汚れが目立ってしまいます。

さらに全く洗車せずに汚れを放置すると、塗装の劣化の原因にも・・・

車を長持ちさせるには、洗い方に気をつけながら定期的に洗車をする事。

見た目の汚れ具合でも変わりますが、洗車頻度は月に1回程度を目安にしましょう。

汚れが目立つと感じたら洗車するくらいで十分です。

しかし黒や白・鮮やかな赤などは、シルバー・ブルー系の色に比べて汚れが目立ちやすいので、2〜3週間を目安に洗車しましょう。

コーティング車の洗車頻度

コーティング車も、洗車の頻度は同じく月に1回程度が良いでしょう。

コーティング車は汚れが取れやすいだけで、全く汚れないわけではありません。

大抵の汚れは水だけで綺麗に落ちますが、しつこい汚れにはカーシャンプーを使いましょう。

 

スポンサーリンク

 

愛車の天敵!頻度を気にせず早めに洗車しよう!

車に付く汚れの中には、放置すると車の劣化を早めてしまうものがあります。

車の傷みを加速させる天敵

  1. 土埃・黄砂・PM2.5などの細粒
  2. 花粉
  3. 潮風
  4. 虫や鳥の糞
  5. 融雪剤

これらの汚れが付着してしまった場合は、月に1度と言わずにすぐに洗車しましょう。

基本の洗い方は同じですが、それぞれの汚れに対する洗車のポイントがあります。

ひとつずつ、簡単に解説していきます。

1.土埃・黄砂・PM2.5などの細粒

山道などを走ると付着する土埃や、最近多い黄砂やPM2.5。

これらは見た目が汚く見えるだけでなく、ボディに細かい傷をつける原因になります。

洗車のポイント

  • 表面の汚れをたっぷりの水で念入りに洗い流すこと!

表面に細粒が残っていると、スポンジで洗う際に、研磨剤のように車の表面を削って傷になるので注意です!

少量ならば、毛ばたきで車体表面を優しく落とすのもおすすめです。

2.花粉

花粉が雨などで濡れて乾燥すると、「ペクチン」という物質に変わります。

このペクチンは、車の塗装やコーティングに大ダメージを与える厄介者!!

ダメージが深刻化する前に、早めに除去しましょう。

黄砂と見た目は似ていますが、性質の対処方法も異なるので注意が必要です。

洗車のポイント

  • 傷を防ぐ為、表面の花粉をしっかり取り除く
  • カーシャンプーでよく泡立てて、汚れを洗い流す
  • 花粉が残りやすい、フロントガラスやワイパーも念入りに!

花粉でシミになってしまった場合は、シミの上にタオルを置いて、50〜70℃程度のお湯をかけると取れやすくなりますよ。

 

 

3.潮風

海へ車で遊びに行った際は、要注意!

潮風に含まれる塩分が車に付着し、サビを誘発します。

特に車の下部は、砂などで傷つきやすくサビやすいので入念に!

洗車のポイント

  • 車のボディだけでなく、ドアの内側も洗う
  • 下部やタイヤ周りも、高圧洗浄で洗い流す

ボディの塗装が剥げて鉄が出ている場合は、そこからサビが進行する恐れがあるので、できれば事前に傷の修理をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

4.虫や鳥の糞

走行中に勢いよく虫が飛び込んできて、ビチャ!

または木や電柱の下に車を停めていたら、上から鳥の糞がベットリ・・・

どちらも、かなり気分が落ちますよね。

虫や鳥の糞は見た目が悪いだけではなく、酸化すると塗装の変色を起こします。

特に鳥の糞は強い酸性で、早くて2〜3時間ほどで酸化が始まります。

時間が経つほど落ちにくいので、放置せずに見つけたらすぐ洗い流しましょう!

洗車のポイント

  • 見つけたら、なるべく早く拭き取る!
  • 落ちにくくても強く擦らずに、お湯や洗剤で落とす

すぐに洗車が難しい時に備えて、拭き取り用シートワックスがあると便利です♪

5.融雪剤

雪国の冬道には、道路の凍結防止のために融雪剤が大量に撒かれます。

この融雪剤に多く含まれる塩化カルシウムは、金属を錆びさせる原因になります。

融雪剤が付いた際は、なるべく早く洗車が必要です。

車の下部やタイヤ周りなど道路に近い部分は、洗いにくい上に融雪剤が残りやすいので注意!

洗車のポイント

  • 下部やタイヤ周りを、高圧洗浄で念入りに洗い流す
  • シャンプーを多めにつけて洗う

私も北国に住んでいますが、うっかり融雪剤散布中の作業車の後ろを走ってしまった時は、気が気じゃありません・・・

「こんな車に悪いものを撒くな!」と言いたいところですが、撒かないと滑って危険なので、残念ながら雪国の定めですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

おすすめの洗車頻度をまとめると以下の通り。

  • 洗車は月に1度程度、汚れが目立ってからで良い
  • 汚れが目立ちやすい色の車は、2〜3週間に1度程度
  • コーティング車も洗車頻度は同じ
  • 特殊な汚れがついたら、なるべく早めに洗車する

車が綺麗に長持ちする目安として、参考にしてみてくださいね。

洗車を定期的にしていると、車のちょっとした変化にも気づくことができます。

メンテナンスとして隅々チェックおけば、愛車により長く乗り続けられますよ♪

車が好きなあなたへおすすめのサービス

コスモスマートビークル

コスモ石油の公式サービスです。なんといっても毎日のガソリン代が安くなるサービスが一番の目玉だと言えるでしょう。車検や自動車税をお任せできるのも魅力なポイントです。

駐車場シェアでお小遣い稼ぎ

駐車場を安く借りたい人も、空き駐車場を貸したい人も。メディア露出NO.1のakippaがおすすめです。便利に借りてお得に貸して。駐車場シェアを始めてみませんか?

-車の悩み
-, , ,

Copyright© 車通勤の読みもの , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.