車通勤に関する知識やお得な情報をまとめていきます。

車通勤の読みもの




車の悩み

洗車機と手洗いではどっちがいい?価格以上にキズの心配がないのはやっぱり・・・

更新日:

洗車機 手洗い どっちがいい 傷 価格

「車が汚れてきたから、そろそろ洗車するか。」

そうは思うものの、洗車は何気に面倒くさいですよね。

もちろん、洗車機を使えば楽ちんではありますが、キズが心配です。

かといって、手洗いは考えるだけで大変。

堂々めぐりになってしまいます。

そんな方の為に「洗車機と手洗いはどっちがいいのか」徹底比較してみましたよ!

 

スポンサーリンク

 

\維持費を安くする裏ワザ/

※ガソリン代もお得に

 

 

洗車機と手洗いどっちがいい?

結論から言うと、車を洗うなら手洗いより洗車機がおすすめです。

ポイント

  1. 手洗いより洗車機の方が楽
  2. 最近の洗車機はすごい

理由の一番は、手洗いより断然、楽であるということ。

また、洗車機で洗うときの車体へのキズ問題も、現在主流のノーブラシタイプの洗車機なら、ほとんど心配いらないのです。

※ノーブラシとは、その名の通りブラシを使わずに水圧で汚れを飛ばすタイプの洗車機のこと。

当店の洗車機は水圧だけで汚れを落す最新鋭の非接触型ノーブラシ洗車機です。コーティング施工済みのお車も安心してご利用いただけます。

引用:ノーブラシ洗車機とカーコーティングの専門店ジャバ

ただし、手洗いには手洗いの良さがあります。

その辺りも含めて、洗車機と手洗いのメリット・デメリットを続いて見ていきますね。

 

洗車機と手洗いを徹底比較

洗車機がおすすめとは言いましたが、手洗いにもメリットはあります。

それぞれ見ていきましょう。

洗車機のおすすめポイント

何といっても次の2点につきます。

ポイント

  1. 時間が節約できる
  2. 利用する値段が安い

洗車機は車体にキズがつくというのも昔の話。

かつては、ポリエチレンや特殊ゴム・ナイロンなどの硬いブラシが使われていました。

そのため、洗車機で車を洗うと、細かいキズがつくということが起こったのですね。

ですが現在では、ノーブラシタイプでなくても傷はつきにくくなっています。

ウレタン製や不織布などの、車の塗装より柔らかいブラシが使われるようになったからです。

 

「いやいや、それでもキズになったって話を聞いたよ」という方。

それには、次のケースが考えられます。

  • ワックス・コーティング層についたブラシ跡が、塗装のキズに見える
  • 泥汚れなどを水洗いせずに、いきなり洗車機で洗った

「キズに見えてキズじゃなかった!」というのは案外あるものですよ。

私も経験があります。

自転車を車体に倒してしまったんですよね。

キズだと思って焦ったら、ちょっとこすったら綺麗に落ちてしまった、ということがありました。

 

また、泥や細かい砂がついた車をそのまま洗車機で洗うのは一番NG。

いかに柔らかいブラシであってもキズがついてしまうものです。

少しでも泥や砂がついているようなら、洗車機にかける前に水洗いをしておきましょう。

 

\維持費を安くする裏ワザ/

※ガソリン代もお得に

 

手洗いのおすすめポイント

ポイント

  1. 細かい部分に目が行く
  2. キズの心配が少ない

一つは、洗車機よりも細かい部分を丁寧に洗えるということです。

自分の目で間近に車を見ながら洗っていきますので、ちょっとした車の異常やトラブルに気づきやすいというメリットも。

それにいくら洗車機の技術が進歩したからと言って、どうしたって手洗いの方が、キズの心配は少ないものです。

 

ところが、手洗いも一歩間違えると、車を傷つけるリスクが出てきます。

洗車に不慣れな人が、手洗いでやりがちなミスがこちら。

注意ポイント

  1. 汚れを水洗いせずにシャンプー洗車を始める
  2. 汚れを落とそうとして、こすってしまう
  3. 汚れたスポンジやタオルを使う

「手洗いの方が車体にかかる力が強い」ということが盲点と言えます。

汚れをゴリッと力でやってしまうと、どうしたってキズがついてしまいますからね。

 

これらの3つを注意すれば、手洗いでキズがつく心配はありません。

ただし、洗車機より時間も労力もかかります。

もし、ガソリンスタンドなどで手洗い洗車を頼むとなると、2千円~5千円はかかります。

洗車機との価格差は歴然ですよね。

 

スポンサーリンク

 

洗車後のキレイを保つためにコーティングするという選択

洗車してキレイになっても、すぐに汚れてしまっては残念だし、洗車ばかりするのは面倒ですよね。

そんな方にはコーティングがおすすめです。

ちょっとお高いですが、汚れが付きにくくなるため、洗車の頻度を減らすことが可能です。

3年間も有効と言うのは、いささか誇大広告にも見えますが・・・

やらないよりは絶対に長持ちすることは間違いないでしょう。

 

また、「自分でやるのは失敗しそうだし面倒」という方は、スタンドやカーディーラーでもコーティングをやってくれます。

そちらにお願いしてみるのも良いでしょう。

当然、自分でやるよりはお高くなってしまいますが・・・

※うちの日産マーチはディーラーに依頼かけたところ、約3万円かかりました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

労力・手間という点では、圧倒的に洗車機が楽ちんです。

ノンブラシタイプや、技術が進歩した洗車機であれば、そうした心配もありません。

一方の手洗いには、細かい部分の汚れをしっかり洗えるというメリットがあります。

そのときの車の汚れ方や、ご自分の予定から、洗車機と手洗いを使い分けるというのもありですね。

-車の悩み
-, , , ,

Copyright© 車通勤の読みもの , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.