車の悩み

車選びは年収が基準!年収別・おすすめ車種紹介|予算を把握して車種を絞ろう

あなたは車を買おうと思ったときに、何を重視しますか?

見た目・機能性・安全性など、様々な観点があります。

ですが、それ以前に考えなければならないのは「車にかかる費用」です。

「自分は貯金があるから、買える範囲で乗りたい車を買おう」

なんて、安易に車両価格だけで考えるのは危険。

車に乗り続けるには維持費もかかってきますから、車両価格だけでなく車にどれだけの費用をかけ続けられるかを考えておかなければなりません。

とはいえ、いちいち細かくシミュレーションするのは面倒・・・。

そんなときに目安になるのが「年収」。

今の年収から車選びを考えるのが最も簡単な方法なんです。

そこで、年収別におすすめの車種を紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

\固定費で家計が安心/

※車検費用とサヨナラ

 

車選びは年収の半分を目安に考える

先に結論を言うと、車選びは「車両価格が年収の半分以内」を目安に選びましょう。

というのも、車選びの際にまず考えておくこととして大事なポイントは、車両価格よりも日々かかる「維持費」なんです。

維持費と言えば、主に次のようなものがあげられます。

車の維持費

  • 車検代
  • 自動車税(軽自動車の場合は軽自動車税)
  • 自動車保険
  • ガソリン代
  • オイル交換等メンテナンス費用
  • タイヤ代
  • 寒冷地の場合スタッドレスタイヤ
  • 駐車場代

などなど・・・。

車の維持費は、車両価格の高さや車の大きさに比例して増えていく傾向にあります。

大きい車になればなるほど重量や排気量が増えて燃費は落ちますし、タイヤ代や自動車税なども馬鹿になりません・・・。

言い方は悪いかもしれませんが、身の丈に合った車種を選ぶ必要があると言えますね。

日々かかる生活費を圧迫しないおおよその目安として、車両価格は年収の半分以内と考えておきましょう。

 

年収別・おすすめ車種紹介

それでは年収別におすすめ車種を紹介していきます。

  • 年収200万円未満の場合
  • 年収200万円〜300万円の場合
  • 年収300万円〜400万円の場合
  • 年収400万円〜500万円の場合
  • 年収500万円〜600万円の場合
  • 年収600万円〜700万円の場合
  • 年収700万円〜800万円の場合
  • 年収800万円以上の場合

それぞれ自分の年収以下の欄を見て、当てはまるところを読んでいってくださいね!

年収200万円未満の場合のおすすめ車種

年収200万円未満の場合、車を購入するなら「中古の軽自動車」一択。

中でもおすすめなのは、軽ワゴンタイプの車種です。

具体的には次のような車種ですね。

これらの軽ワゴンタイプは市場に多く出回っており、比較的安く購入できるのでおすすめです。

車体も軽く、燃費が良いものも多くありますので、比較してみてくださいね。

ですが、正直に言えば年収200万円未満の場合、無理に車を購入するのはおすすめできません。

車の維持費はもちろんですが、それ以前に生活費がかかりますよね。

いくら便利だからとはいえ、無理に車を維持しようとすると生活費を圧迫してしまうことも。

車が必須の地域にお住まいの場合は、逆に生活のために無理してでも維持するのは仕方ありません・・・。

ですが、もしも車が無くても生活できるのなら、車を持たない選択も視野に入れておきましょう。

年収200万円~300万円の場合のおすすめ車種

年収200万円を超えていれば、候補に上がるのは中古の軽自動車に加えて中古のコンパクトカーも視野に入ってきますね。

具体的なおすすめ車種は次のとおりです。

ここで紹介した車種は中古車市場に多く出回っているので探しやすいですよ。

維持費をなるべくおさえたいなら軽自動車、車両剛性などの安全性能をとるならコンパクトカーがおすすめです。

もしも新車にこだわるなら、上で紹介した「スズキ・アルト」などの軽ワゴンタイプの車種なら予算内におさめられますよ。

年収300万円~400万円の場合のおすすめ車種

年収300万円を超えるようであれば、上でも紹介した軽自動車の人気車種やコンパクトカーの新車がおすすめ。

この中でも、N-BOXやタントなどの「軽スーパーハイトワゴン」に分類される車種は特に人気が高い傾向にあります。

軽自動車ならではの維持費の安さに加えて、室内が広いため4人家族くらいなら十分まかなえてしまう利便性があるんです。

コスパの高い軽に乗るか、より剛性の高いコンパクトカーにするか、求めるものに合わせて車種を選びましょう。

 

\固定費で家計が安心/

※車検費用とサヨナラ

 

年収400万円~500万円の場合のおすすめ車種

年収400万円を超えていると、普通自動車でもコンパクトカー以外のものが選択肢に入ってきます。

人気の高いハイブリッド車である「アクア」と「ノート」。

燃費性能の高さはもちろん、グレードも多岐にわたっていてバリエーションの豊富さも魅力です。

また、小さいお子さんがいるなど、室内空間が広めの車に乗りたいなら「フリード」などのコンパクトミニバンがおすすめですね。

 

スポンサーリンク

 

年収500万円~600万円の場合のおすすめ車種

年収500万円を超えると、無駄遣いさえしていなければ生活にある程度余裕がうまれてくるはず。

車にかけられる金額も300万円近くになると、乗れる車種のバリエーションが多くなります。

室内の快適性や見た目重視で、大きめの車を選ぶのがおすすめですよ。

具体的なおすすめ車種は次のとおり。

など。

燃費重視のハイブリッドカーはもちろん、家庭事情にあわせてミニバンを選んだり、人気のSUVを選択することもできますね。

独身の方やほかに趣味がない方なら、思い切って「BRZ」などのスポーツカーに手を出してみるのもアリですよ!

年収600万円〜700万円の場合のおすすめ車種

年収が600万円を超えていれば、車にかけられる金額もだいぶ多くなっているはず。

趣味として乗るのはもちろん、先進技術が盛り込まれた車種を選ぶのがおすすめですよ。

おすすめの車種は次のとおり。

など。

中でもリーフは電気自動車であり、先進技術もふんだんに盛り込まれています。

また、あまり人と被りたくない場合にはMINIがおすすめ。

一言でMINIと言っても、おなじみのクーパーからクロスオーバーまで幅広くラインナップされています。

オプションも豊富にあるので、自分好みの一台に仕上げられますよ。

年収700万円〜800万円の場合のおすすめ車種

年収700万円を超えているなら、ライフスタイルに合った様々な車種を選ぶことができます。

おすすめの車種は次のとおり。

年収に見合った車種として、ミドルクラス以上のセダンや輸入車が選択肢に入ってきますね。

ミニバンなら、各社のハイエンドクラスの車種がおすすめですよ。

乗り心地も段違いに良いので、運転による疲れが軽減できます。

年収800万円以上

年収800万円を超えていれば、もはや高所得者。

生活費を圧迫しない範囲であれば、乗りたい車に乗れることでしょう。

年収に見合うおすすめの車種は次のとおりです。

日本の最高峰ブランドであるレクサスをはじめ、本格SUVやクーペといった様々な選択肢の中から、好みの一台を選択していきましょう。

 

生活費の見通しが立てやすいカーリースという選択肢

自動車を購入するにあたって、維持費がかかると紹介してきました。

そのうち、車検や自動車税などはまとまった費用が必要になるため、一時的に大きな出費になってしまいます。

ですが、カーリースなら車検費用や税金といった費用が月額に含まれるんです。

大きな出費がなくなる分、生活費の見通しが立てやすくなりますよ。

「車は必要で欲しいけど、生活費が心配・・・。」

という方にはうってつけ。

リース契約という車を借りる契約形態のため、車は自分のものにはなりませんが、それ以上に日々のお金に関する心配を軽減できますよ。

 

\固定費で家計が安心/

※車検費用とサヨナラ

 

おわりに

身の丈に合った車種を選ばないと、生活費を圧迫してしまい車が維持できなくなる可能性もあります。

そのための基準として、「年収の半分以下」を目安にするのがおすすめです。

車のために生活がおろそかになってしまっては本末転倒。

無理のない範囲で、乗りたい車に乗りましょう!

空いている駐車場をスマホで予約!

アプリで簡単検索&30分間予約OK!
最安値を探してお得に駐車場を利用しよう♪
対応エリア続々拡大中!

駐車場を予約するならピージーで!30分前からキープできる

駐車場を予約するならピージーで!30分前からキープできる

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

車が好きなあなたへおすすめのサービス

駐車場シェアならakippa!

駐車場シェアリングを始めるなら利用者数NO.1のakippaがオススメ!借りるのも貸すのもお得に始められますよ♪

車検代が痛い…

また車検の時期か…と高額出費が痛いあなたへ。楽天車検なら、お得にポイントが貯まりますよ♪

-車の悩み
-,

Copyright© 車通勤の読みもの , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.