車通勤に関する知識やお得な情報をまとめていきます。

車通勤の読みもの

車のグッズ

黒い面と銀色の面どっち!?車用サンシェードの裏表とその効果まとめ

サンシェード 黒 銀 どっち 裏表 効果暑い夏の日、フロントガラスにサンシェードをつけようと思ったら、

「あれ!?黒い面と銀色の面、どっちが表だっけ?」と迷ってしまった経験はありませんか?

「別にどっちでもいいんでしょ?」と思っていたら大間違いですよ。

正しい対策をしないと、真夏の車内は60℃近くまで上がることもあります。

サンシェードの効果的な使い方をマスターして、快適に過ごしましょう。

今回は、サンシェードの正しい使い方と、サンシェードの効果について解説します。

 

スポンサーリンク

 

\維持費を安くする裏ワザ/

※ガソリン代もお得に

 

 

サンシェードの黒い面と銀色の面はどっちが表?

サンシェードは、銀色の面を表(外向き)に、黒い面を裏(内側)にして装着するのが正しい使い方です。

その理由は、以下の通りです。

ポイント

  • 銀色の面は日光を反射するので外向き
  • 黒い面は熱を吸収しやすいので内側

黒い面を外向きに置いてしまうと、サンシェードが熱を吸収してしまい、結果的に車内の温度を上昇させてしまいます。

これでは、サンシェードをつける意味がなくなってしまいますよね。

たとえば、黒い服を着ている時を思い出してみるとわかりやすいかもしれません。

白い服を着ている時に比べて、熱を吸収しやすく、暑いと感じますよね。

ですので、サンシェードも同様で、銀色の面を外向きに、黒い面を内側にして装着しましょう。

 

\自宅駐車場OK/

※初期費用無料で試せる

 

サンシェードの効果

「使い方はわかったけど、サンシェードを使っても車の中って結構暑くなるよね?サンシェードの効果はあるの?」

このように思っている方のために、サンシェードの効果を解説します。

サンシェードの効果は、主に3つあります。

  1. 車内やダッシュボードの温度上昇防止
  2. プラスチック部品(樹脂部品)の劣化防止
  3. カーナビやドライブレコーダーやETCの保護

順番に見ていきましょう。

1.車内やダッシュボードの温度上昇防止

実際に、JAFが真夏の車内温度に関するテストを行っているので紹介します。

このテストは、炎天下における車内温度を測定するものです。

数台の車を用意し、「何の対策もなし」、「サンシェード装着」などさまざまな条件で測定しました。

実験結果は以下の通りでした。

【対策なしの車】
車内最高温度:57℃
車内平均温度:51℃
ダッシュボード最高温度:79℃

【サンシェード装着車】
車内最高温度:50℃
車内平均温度:45℃
ダッシュボード最高温度:52℃

引用:一般社団法人日本自動車連盟(JAF)HP

結果を見てわかる通り、サンシェード装着車の方が車内の温度を6〜7℃低く保てています。

さらに目を引くのがダッシュボードの温度で、26℃もの違いがあります。

このテストの結果からもわかるように、サンシェードの効果は大きいと言えます。

ハンドルが熱くて持てないこともありますが、サンシェードを装着すれば防げますね。

このように、車内やダッシュボードの温度上昇の防止にはサンシェードが効果的です。

 

スポンサーリンク

 

2.プラスチック部品(樹脂部品)の劣化防止

車の内装は、ダッシュボードをはじめ、多くのプラスチック部品が使われていますよね。

プラスチック部品は日光を浴びると劣化する性質があります。

洗濯バサミが使っている内にだんだん白くなっていき、ポキッと折れてしまった経験はありませんか?

あれは洗濯バサミが日光を浴びて劣化してしまっていたのですね。

 

このように、プラスチック部品は「白化」という現象が起きてしまいます。

ですので、車のプラスチック部品を長持ちさせるためにも、サンシェードを使いましょう。

3.カーナビやドライブレコーダーやETCの保護

ご存知の通り、精密機器は熱に弱いです。

真夏の車内に放置されてしまう機器の保護は重要な役割と言えるでしょう。

Yupiroid-Lは独自の耐熱設計により約60℃まで対応、高温時でも安定した動作を実現し、安心してご使用いただけます。

引用:車載対応タブレットカーナビYupiroid-L機能紹介

商品機能の一例です。

60℃までOK、とされていますね。

でも・・・

繰り返しですが、JAFの実験データがこちら。

【対策なしの車】
車内最高温度:57℃
車内平均温度:51℃
ダッシュボード最高温度:79℃

【サンシェード装着車】
車内最高温度:50℃
車内平均温度:45℃
ダッシュボード最高温度:52℃

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)HPより引用

サンシェードなしの場合は、ダッシュボード最高温度が79℃に達してしまっています。

耐熱60℃を大きく超える温度です。

特にETCはダッシュボード内へ設置することがありますよね。

ナビやドライブレコーダーはダッシュボード外でしょうけれど、車内温度も57℃です。

一撃でおしゃかになってしまうことはないでしょうが、確実に寿命を縮める原因となることは間違いありません。

 

数千円のサンシェードで、数万円の機器を守れるのであれば、安いものと思いませんか?

(安いのもありますが)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「黒は光を吸収するから内側に」と考えたら覚えやすいですね。

サンシェードを使っても車内が暑いことには間違いありません。

「効果がない?」と疑ってしまうかもしれませんが、確実に効果があるものです。

熱中症予防、車の寿命を延ばすためにもサンシェードを使いましょう。

-車のグッズ
-, , , , ,

Copyright© 車通勤の読みもの , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.